ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

12月31日の恒例行事

ル・ビストロ・クードポールさんの洋風おせちです。

「山の重」上段左からローストビーフ、下には茸のマリネが敷いてありました。青い葉っぱはクレソン、カクテルソースがかかっています。

となりはもち豚バラ肉のボイル。

中段左から田舎風パテ、自家製ピクルス添え。

真ん中は鴨フォワグラのテリーヌ、下には林檎とレーズンが添えられています。

となりは但馬鶏の柚子胡椒風味ガランティーヌ。

下段左側は蝦夷鹿のロースト、カシスのソース。下にはレンティーユ。

となりはフランス産鴨のコンフィと白隠元のカッスーレ。


「海の重」上段左はオーストラリア産ロブスターの白ワイン蒸し、タルタルソース。

下にはアンディーヴとレタス。

となりは鮪のオリーヴオイル煮。

中段左から鰆のポワレ、タップナードソース。

真ん中は自家製スモークサーモン。

となりは真鱈のブランダード。

下段左からいくらと胡瓜。

となりは海の幸のマリネでアワビ、海老、鯛に野菜は人参、大根、カリフラワー、パプリカなど。


▼続きを読む
| ワイン日記::フランスワイン |
| 11:39 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2010年12月31日
All Rights Reserved./Skin:oct