ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Chardonnay 2008 Oregon Foris Vineyards
合衆国はオレゴンのシャルドネです。

滅多にアメリカのワインは飲みませんがたまにはよいかも知れません。

オレゴンはカリフォルニアよりかなり北ですので冷涼なはず。LAとサンフランシスコ、シアトルには行きましたがオレゴン州は行ったことがありません。

さてワイナリーのサイトはこちら、拝見すると直売もやっています。

このワインの価格は$12、日本なら ¥980 という売れ筋価格帯でしょうね。

ワインと云うとウン万円の物しか評価しない人が大勢居られますがワインの原料である葡萄なんてそんなに高価なものではございません。

グラン・クリュのシャンパーニュ、ほんの僅かな生産者だけが馬鹿げた価格で流通していますが普通輸出などされていない生産者ならせいぜい20ユーロ止まりです。

その葡萄の価格ですが1キロ当たり5ユーロから高くて8ユーロ程度が相場のはず。150キロの原料葡萄から100リットルのシャンパーニュが出来ますから葡萄1.125キロでボトル1本のシャンパーニュが出来ます。

原材料は高くて9ユーロ程度の葡萄であります。

日本酒や焼酎も最近でこそ常識外れの価格帯の物が現れましたが従来は1升瓶で3千円を超える物などギフト市場でしか売れませんでした。

ワインだけが異常な価格で取引されていることに気付けばそんな物には手出ししなくなるはず。

常識的な価格帯のワインの中に旨いモノは探せば必ずあります。

何度も諄いようですがアンリ・ジャイエー氏のヴォーヌ・ロマネなどパリのレストラン、タイユヴァンで他のドメーヌよりかなりお安く提供されていたのです。

味わいは安くて美味しいヴォーヌ・ロマネ、何も特別変わった味のワインではありません。

お高いワインは何か特別の味がすると思っている人が多いのでしょう、ですがワインは所詮葡萄から造られる酒ですからそんなに違いが生まれるはずありません。
▼続きを読む
| ワイン日記::その他ワイン |
| 11:50 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2010年12月30日
All Rights Reserved./Skin:oct