ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Château Grand-Jean 2009 Cuvée Vieilles Vignes AC Bordeaux
シャトー・グラン・ジャン、アペラシオン・ボルドーの白ワイン、ヴィンテージは2009年。

生産者の所在地は Soulignac となっています。

フランスワインの場合、生産者本社所在地がラベルに示されてありその場所からどんなワインであるかある程度想像が付くと同時に価格も予測可能であります。

アペラシオン・ボルドーを名乗っていても所在地がオー・メドックの範囲であればある程度の価格は覚悟しなければならないでしょうし、南西地方に近いところであればそんな高いはずありません。

もちろんそれぞれ例外はありますけど。

ここスリニャックはこちらをご覧下さい。

おやおや先日ご紹介したシャトー・クーアン所在地の近くかな・・・ と思いましたが、この地図にあるのは Villenave-de-Rions 、よく似た名前のコミューンがあるものです。

スリニャックはドニ・デュブルデュー氏のシャトー・レイノンの所在地ベゲから北東8kmのところであります。

生産者のサイトからこちらをご覧下さい。いろんな種類のワインを造っていますね。ちょっと前のボルドーのアペラシオンの地図、そしてさらにその詳細図まで見られますので参考になります。

で、その詳細図からスリニャックはアントル・ドゥー・メールのオー・ブノージュの範囲であることも見えます。

ところがそのデノミナシオンのワインは造っていませんね。

アントル・ドゥー・メール・オー・ブノージュとボルドー・オー・ブノージュの違いは以前拙ブログで述べましたがこちらをご覧頂くと生産者はこの地域の組合にも所属していることが分かります。

この生産者ヴィニョーブル・デュロンが造るシャトー・グラン・ジャンですが先程申し上げたように白ワインは AC Bordeaux であるこのワイン、そして AC Entre-deux-Mers と辛口は2種類造っています。

ではアペラシオン・ボルドーの辛口白ワインとアペラシオン・アントル・ドゥー・メールとでは何が違うのでしょうか。

葡萄品種の規定はほぼ同じですが大きな違いは残糖分の規定です。

アペラシオン・アントル・ドゥー・メールの法令から

Art. 3.
(Remplacé, D. 77 1385 du 14 décembre 1977).
Pour avoir droit à l'appellation d'origine contrôlée " Entre-Deux-Mers " les vins doivent provenir de moûts contenant au minimum avant tout enrichissement, 170 grammes de sucre par litre et présenter, après fermentation, un titre alcoométrique acquis compris entre 10° et 13° et moins de 4 grammes de sucre résiduel par litre.

最後の一行1リットル当たり残糖量4グラム以下と云うことが定められています。

従ってボルドー・ブランと比較するとアントル・ドゥー・メールの方が辛口であるということになります。

ワインに詳しい方ならよくご存知のはず。

ですが一般の人はこの両者の違いは地域だけと勘違いされておられる方が多いので敢えて書かせて頂きました。
▼続きを読む
| ワイン日記::フランスワイン |
| 11:50 PM | comments (2) | trackback (x) |
コメント一覧
Georges |2010/12/30 06:11 PM |
higemaster |2010/12/30 05:25 PM |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2010年12月29日
All Rights Reserved./Skin:oct