ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Château Couhins 2003 AC Pessac-Léognan
シャトー・クーアン2003アペラシオン・ペサック・レオニャンのクリュ・クラッセとラベルに表示がある白ワインです。

アンドレ・リュルトン氏が所有するクーアン・リュルトンではありません。

このシャトーについては昔「国立農学研究所の所有となった後にアンドレ・リュルトンにその一部を売却」との情報を本で見た記憶があります。

ですがその昔、市場に出回るのは辛口の白ワイン、シャトー・クーアン・リュルトンしか無かったように思うのですが実際は2つのシャトーが存在し、それぞれが赤も白も造っていることが分かりました。

生産者のサイトはこちらグラーヴのクリュ・クラッセのサイトにも載ってあるので間違いなくグラーヴのクリュ・クラッセに格付けされていたのでしょうね。

気を付けて頂きたいのは格付け当時のワインの色

当時は白ワインに限定されていることにご注目下さい。

この時点ではシャトー・オー・ブリオンは赤しか認められていないのが面白い。

シャトーのあるコミューンはボルドー市内からすぐ近くの Villenave-d'Ornon ヴィルナーヴ・ドルノン、住宅地の中に葡萄畑があるようなシチュエーションのはず。

ネットからそれぞれのシャトーの住所を調べると Couhins chemin de la Gravette, Couhins Lurton 48, chemin de Martillac, となっており同一シャトーではありません。

グーグルアースを使って2つのシャトーを調べるとシャトー・クーアンの前の道シュマン・ド・ラ・グラヴェットを西へ進むとシュマン・ド・マルティヤックに突き当たり右方向(北方向)に行くとシャトー・クーアン・リュルトンに達するはず。

その距離僅か1.0kmと表示されます。便利なツールですね^^

▼続きを読む
| ワイン日記::フランスワイン |
| 11:50 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2010年12月27日
All Rights Reserved./Skin:oct