ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Gevrey-Chambertin 2007 La Gibryotte
2002年がファースト・ヴィンテージだったでしょうか、クロード・デュガ氏のご子息達が立ち上げたというネゴシアン、ラ・ジブリオット。

デビューするなり世界的に売れていると聞きますが果たして実力の程は如何に?

私が先ず指摘したいのはこの安物のエチケット。

偽物を造ってもらいたいのでしょうか?

全く粗製濫造と云われても仕方のない稚拙な印刷に驚きであります。

ベースのイラストの上からワイン名などを黒刷りしただけの簡素なモノ。

昨日のシャトーのエチケットなど様々な工夫が施され、コピーされないよう作ってあるのとは大違い。

オスピス・ド・ボーヌにも手を出しているのですから偽物対策について真面目に取り組んで頂きたいと考えますが如何でしょうか。

▼続きを読む
| ワイン日記::フランスワイン |
| 11:50 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2010年12月21日
All Rights Reserved./Skin:oct