ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

12月の直心@JRさくら夙川
日本料理と云うより板前割烹の方が似合うかも知れません。

ここのお料理を楽しむにはカウンターが一番。

そのカウンター8席を借り切ってワインと料理を味わいます。

先ずは先付けの4連発でスタート。


トップは柴山港に揚がった松葉蟹。

出汁と共に蒸してあります。

寒い日には有り難い熱々の一品。


2番目は須磨浦の蛸と由良の生海胆。

岩塩とレモンで頂きます。

蛸の茹で加減が何とも素晴らしい。


3つ目は茶振り海鼠の振り柚子。

海鼠は年明けの方がよいと思います。

まだ今の時期は固いだけ。


島根産鮟鱇の肝はチリ酢で頂きます。

とても大きな肝にビックリ。

▼続きを読む
| 食べ歩き::直心の会 |
| 11:55 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2010年12月16日
All Rights Reserved./Skin:oct