ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Vin d'Alsace Pinot Blanc 2009 Domaine Paul Ginglinger
珍しくアルザスを取り上げたいと思います。

私が個人的にアルザス・トリンバック社のワインを輸入したのは1980年代前半のことでした。

1980年代、当時日本でアルザスと云えばレオン・ベイエかユーゲル(フランス語ではHを発音しないのでヒューゲルにはなりません)の辛口とは名ばかりの甘いワインが主体でした。

その後ツィント・ユンブレクトなども随分派手に持て囃されましたが、ここのワインも総じて甘かった。

そこにフランスより持ち帰ったトリンバックのワインは衝撃を与えました。

並のリースリングでさえ綺麗な辛口に仕上がっていて、普通香りだけではなく味まで甘いミュスカなども強烈な辛口でありました。

実は当時アルザスワインの顧客はアメリカに多く、アメリカ人は甘いワインを好むためアルザスは甘くなってしまったのです。

トリンバックの社長ユベール氏と食事を交えながら対談したのは1990年代前半のことだったように記憶していますが、辛口ワインを造り続けていたユベールの質問は

「このまま辛口を造り続けて良いものだろうか?」

という内容でありました。

もちろん私の答えは

「辛口こそトリンバックの命!」

それから2年も経たない内に雑誌ワイン・スペクテイターで大きく取り上げられました。

その後辛口のアルザスワイン生産者が増えたのは云うまでもないこと。

ですからアルザスの辛口ワインが定着したのはそんなに昔の話ではありません。

▼続きを読む
| ワイン日記::フランスワイン |
| 11:50 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2010年12月13日
All Rights Reserved./Skin:oct