ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Catedral Encruzado 2009 DOC Dão Caves Velhas
葡萄品種 Encruzado エンクルザードと読んだらよいのでしょうか、ポルトガル原産の固有品種から造られた白ワインです。

エンクルザードはシノニム Salgueirinho とのことですがこの名前も発音しにくい名前ですね。葡萄品種番号は 3909。

葡萄品種事典を見ると葡萄品種の最新情報が得られます。

一例を申し上げると Chardonnay にはブランが2種類、ルージュ、そしてロゼとありシャルドネ・ブラン2455 はピノ 70742 とオーストリア原産の HEUNISCH WEISS 5374 の交配種であることが分かります。

で、この HEUNISCH WEISS ですがシノニムが何と165種類もあるのです。

シャルドネ・ブランにはもう一つ CHARDONNAY BLANC MUSQUE 2456 という品種があり、この品種のシノニムとして CHARDONNAY MUSQUE、 CHAUDENET、 GIBOUDOT BLANC、 GRISET BLANC、PLANT GRIS、 TROYEN BLANC の6種類が挙げられています。

シャルドネ・ルージュ2457 やシャルドネ・ロゼ2458 という品種の存在など全く知りませんでした。

先日申し上げたアリカンテ・ブーシェですが ALICANTE BOUSCHET 1 から ALICANTE BOUSCHET TARDIF の何と10種類もその名を名乗る葡萄品種が存在します。

さてこの白ワイン、生産者のサイトからこちらにその詳細が示されています。

生産本数は6万本、葡萄品種はラベルに書いてある通りエンクルザード100%葡萄は全て除梗されステンレスタンクでスキンコンタクトの後27.8℃で醗酵、45日間フレンチオークで樽熟成と書いてあります。

ところが輸入元では何を血迷ったのか昔のままで

ダンD.O.C.
ブドウ品種 : エンクルザード50%、マルヴァジア・フィナ25%、ビカル25%
平均樹齢 : 15年
栽培面積 : 10 ha
収量 : 75 hl / ha
年間平均生産量 : 50,000本
醗酵 : ステンレス・タンク、20%は最後の15日間をオーク樽(アリエ産、新樽比率100%)にて 熟成 : 瓶熟成 2ヶ月 

新製品情報で一般公開しています。

ワインは毎年変わるもの、昔のデータをそのまま使って憚らないのは如何なものかと思います。


▼続きを読む
| ワイン日記::その他ワイン |
| 11:50 PM | comments (1) | trackback (x) |
コメント一覧
えん |2012/03/20 11:40 AM |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2010年12月08日
All Rights Reserved./Skin:oct