ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Château Reynon 2007 Sauvignon Blanc AC Bordeaux Denis Dubourdieu
スミマセン、写真だけの投稿が続いています。

今日のワインは所謂「漏れ」、コルクに筋の多い物はブショネと漏れに繋がります。

次のページに写真を掲載しますがよくご覧頂くと細かい筋がコルクに沿って見えるはずです。

天然コルクでは仕方ないことですが、この生産者は2009年ヴィンテージから新しいタイプに切り替えました。

で、先に結論から申し上げると漏れにも拘わらず全く酸化の兆候は見られません。

マセラシオン・ペリキュレールの発案者であるデュブルデュー教授が造るだけに、少々のトラブルではワインの味香りに何ら影響されないと云うことでしょうか。

あるいは50ミリというACボルドークラスのワインに使われることのないロングサイズのコルク、スジから漏れたもののそれ以上の漏れは食い止めたのでしょうか。

液面は通常の漏れのないボトルと比較すると10ミリ程下回っていましたがコルクの状態は意外にもしっかりしていました。

このワインの2007年ヴィンテージについては拙ブログのこちらに詳しく書いています。

今日申し上げたかったのは「漏れワイン」全てがダメという訳ではないということです。

▼続きを読む
| ワイン日記::フランスワイン |
| 11:50 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2010年12月07日
All Rights Reserved./Skin:oct