ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Sancerre Blanc 2009 Domaine de la Garenne Les Bouffants Domaine Reverdy-Godon
昨日に引き続きサンセールの白ワイン、ドメーヌ・ド・ラ・ガレンヌはシャヴィニョールの北東に位置するヴェルディニーにその殆どの畑がある葡萄園の名称で、生産者はベルナール・ノエル・ルヴルディでしたが、ブノワ・ゴードンとルヴルディ家の娘ファビエンヌ夫妻が2008年から引き継いだとのこと。

生産者のサイトによると白ワイン用の畑は全部で7ha、その内6.5haがヴェルディニーに、0.5haはコミューン・サンセールに属しているという。

その土壌は72%が石灰質、20%が粘土石灰質、そして残りの8%が所謂火打ち石のシレックス土壌とのこと。

さて昨日のサンセールはシャヴィニョール産、シャヴィニョールは昔サンセールを構成するコミューンとして確かにその名前が乗っていたのですが・・・

INAOのサイトでサンセールを開くと

IV. ― Aires et zones dans lesquelles différentes opérations sont réalisées

1° Aire géographique :
La récolte des raisins, la vinification, l'élaboration et l'élevage des vins sont assurés sur le territoire des communes suivantes du département du Cher : Bannay, Bué, Crézancy, Menetou-Râtel, Ménétréol, Montigny, Saint-Satur, Sainte-Gemme, Sancerre, Sury-en-Vaux, Thauvenay, Veaugues, Verdigny, Vinon.

シェール県のバネ(スプリングではありません)、ビュエ、クレザンシーCrézancy-en-Sancerre、ムヌトゥ・ラテル、メネトレオルMénétréol-sous-Sancerre 、モンティニ、サン・サトゥール、サント・ジェムSainte-Gemme-en-Sancerrois 、サンセール、シュリー・アン・ヴォー、トーヴネ、ヴォーギュ、ヴェルディニー、ヴィノン (現在はコミューンの名前が異なることにご注意下さい)

あれれ、かの有名な「シャヴィニョール」はコミューンという行政区画には入らなくなってしまったのでしょうか。

フランスでは一つのコミューンを細かく分けると「小村」=「Hameau アモー」が存在するみたいです。

昔はコミューンとしてその名が有名であったシャヴィニョール、現在はコミューン・サンセールの中にある一つの「小村」となってしまいました。

こちらをご覧下さい。

一番下に掲載されているのは昔存在したサンセールのクリュを示しています。これらの中からアモー・ド・シャヴィニョールにLes Bouffants の名前を見付けることが出来ます。

でも変ですよね、この生産者はコミューン・ヴェルディニーにその畑の殆どを持っているはずですので、シャヴィニョール(現在はサンセール)の「Les Bouffants」を名乗れるのかどうか・・・?

| ワイン日記::フランスワイン |
| 11:50 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2010年12月05日
All Rights Reserved./Skin:oct