ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Sancerre Blanc 2009 Domaine Vincent Delaporte
久し振りに輸入されたサンセールの白ワイン。

生産者はドメーヌ・ヴァンサン・ドラポルト。

ラベルの中央に印字されている「シャヴィニョール」は畑の名前ではありません。

クロッタン・ド・シャヴィニョールというチーズでお馴染みのコミューンの名前で、もちろんこのコミューンはAOCサンセールを産出できる訳です。

ラベルの一番下にはヴァンサンとジャン・イヴ・ドラポルトの名前が見えますね。

ヴィンテージは2009年、先日到着したばかりですのでもう少し置いてから試飲した方が良さそうですが・・・

生産者のサイトはこちら、母国語の他は英語版だけなので輸出にはそんなに積極的でないことが分かります。

ドメーヌ全体の葡萄畑は24haの34区画、その内白ワイン用のソーヴィニョン・ブランは18haの28区画で、さらに火打ち石土壌と石灰岩質土壌がそれぞれ半々とのこと。

収穫は樽熟成のものだけは「手摘み」との記述があるものの、タンク熟成のこのワインにその説明がないことから機械摘みなのでしょうね。

各々の区画で収穫された葡萄をブレンド、ニューマティック・プレスで圧搾し18℃に温度コントロールされたステンレスの醗酵槽で醗酵させ、ステンレス・タンク内シュル・リーの状態で春を迎えるとのこと。

気になるのは赤ワインで行われる「トリ」の作業は白では省かれているのだろうかという疑問。

サイトをそのまま読むとベルトコンベヤーでプレス機に運ばれると云うことは「選果」しないことを意味するのでしょう。

虫などの混入は避けられないかもね。


▼続きを読む
| ワイン日記::フランスワイン |
| 11:50 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2010年12月04日
All Rights Reserved./Skin:oct