ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

クードポール第307回ワインを楽しむ会
クードポールさんのワイン会、セコガニの良いものが手に入ったと云うことでアミューズ3品は全て蟹。


先ずは内子とミソ。蕪のマリネで挟んであるのですが内子の量が半端ではありません。


次はロワイヤル。脚肉がたっぷり入っています。


最後は菠薐草とグラタン仕立て。

アミューズ・グールとは云えないような充実した3品です。

合わせるのは Champagne Camille Bonville のブリュット・ブラン・ド・ブラン。地域はグラン・クリュのコミューン、アヴィズとその周辺。

驚くべきは泡の細かさ!

グラスにビールのような泡の層が形成されます。出来のよいシャンパーニュはなんと云っても泡立ちが違います。

シャンパーニュ本来の味わいはこんな銘柄を飲むことにより初めてご理解頂けるはず。

シャンパーニュを訪問された方ならこのシャンパーニュの素晴らしさに郷愁を覚えられることでしょう。

現地でシャンパーニュを飲んだことがある人なら是非一度お試し下さい。

▼続きを読む
| クードポールワインを楽しむ会 |
| 11:55 PM | comments (2) | trackback (x) |
コメント一覧
Georges |2010/12/09 04:17 PM |
higemaster |2010/12/08 05:06 PM |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2010年12月02日
All Rights Reserved./Skin:oct