ワインとピアノのある部屋

八戸ノ里南を西へ入った自転車店のつぶやき

dA Chardonnay 2009 AC Limoux Domaines Astruc
南仏はラングドック・ルーシヨンのアペラシオン・リムーの白ワインです。

私が若い頃「リムー」という名の付くアペラシオンといえば「ブランケット・ド・リムー」しか存在しませんでした。

8年程前のお話ですが元客室乗務員の人がミナミに開かれたワインバーで「クレマン・ド・リムー」なるワイン名をリストに発見、「ブランケット・ド・リムー」と違うのでしょうかと尋ねたら、いきなりボトルを目の前に叩き付けられビックリしました。

「ラベルを見たら分かるやろ!」と云わんばかりの形相。

尋ね方が悪かったのでしょうか?

まあ店主の虫の居所が悪かったのでしょうけど、初めての客に対する態度とはとても思えませんでした。

「ラベルにそう書いてありますが・・・」

と普通にお返事頂ければその後利用したかも知れません。

さてそんな怖い思い出のある「リムー」現在はどのような法律になっているのでしょうか?

INAOのサイトから「Limoux」を入力してアペラシオンを検索するとおやおや昔の名前は出てきません。

アペラシオンとして存在するのは

AOC Limoux
AOC Crémant de Limoux

の2つだけです。伝統的なあの発泡性ワインは途絶えてしまったのでしょうか?

ではもう一度INAOのサイトから「Limoux」と入力して「produit 生産品」を調べてみましょう。

AOC - AOP Crémant de Limoux blanc
AOC - AOP Crémant de Limoux rosé
AOC - AOP Limoux blanc
AOC - AOP Limoux blanquette de Limoux
AOC - AOP Limoux méthode ancestrale
AOC - AOP Limoux rouge
AOC - AOP Vin destiné à l'élaboration de Crémant de Limoux blanc
AOC - AOP Vin destiné à l'élaboration de Crémant de Limoux rosé

出てきましたね、現在「Limoux」と名の付く農生産品は上の8つで、読んで字の如く先程の2つのアペラシオンにそれぞれ所属していますが、これらの名称は「デノミナシオン」ではなく単なる「生産品」。

ご覧の通り法律としての1ページは保有しないものの「ブランケット・ド・リムー」、「メトード・アンセストラル」の名は残っています。

ということで昔存在したAOC Blanquette de Limoux に関する法律は消えたことになります。

最新の法律はこちらをご覧下さい。

一方ヨーロッパのワイン法に詳しいサイトではこの「リムー」はルーシヨンに分類されていてAOC Blanquette de Limoux はまだ健在みたいにその法令として残っています。

こちらを見る限り2004年7月27日までこの法律は有効だったことが分かります。

最終行をご覧下さい。

この日にブランケット・ド・リムー、リムー・ナチュール、ヴァン・ド・ブランケットは廃止されたとあります。

▼続きを読む
| ワイン日記::フランスワイン |
| 11:50 PM | comments (4) | trackback (x) |
コメント一覧
Georges |2010/12/02 12:41 PM |
チェリs |2010/12/02 12:12 PM |
Georges |2010/12/01 07:03 PM |
チェリS |2010/12/01 05:14 PM |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインとピアノのある部屋::2010年11月30日
All Rights Reserved./Skin:oct