ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

第133回英ちゃん冨久鮓で味わう究極の会
今日は遠く茨城県、そして東京からお越し頂いた方といつものメンバー総勢8名で賑やかな会となりました。

日本各地からグルメ・グルマンの集まる会も今日で133回を迎え、英ちゃんの大将もご機嫌です。

飛び切りの素材が集められますが、今日も伊勢からそして豊後水道からと旬の魚が勢揃い。

チマチマとした料理ではなくボリュームもバッチリですので一度来られたら病み付きになること間違いありません。

我こそはとお思いの健啖家の方、一度チャレンジしてみませんか。

さて先月に引き続きカメラを忘れてしまいました。老人性痴呆症の初期症状でしょうか、最近物忘れで失敗することがしばしば。

やむを得ず携帯電話のカメラで撮影しました。

お見苦しい写真で申し訳ございません。


先ずは「温泉卵」振り柚子が効いてます。


口取りは5種盛り。スナップ豌豆は茹でただけ、さえずりに浅葱、下仁田葱は焼いて味噌と共に、零余子は茹でてからバターソテーして、真ん中のは新唐墨と大根。

秀逸なのは自家製の唐墨、香りが実によいと思います。下仁田葱も寒くなると旨いですし、さえずりも新鮮です。


造りは鯛。

豊後水道で獲れる天然鯛は身の締まりが良くコリコリした食感で瀬戸内の物とは全く違います。

皮の湯引きは透き通っており、胃袋と肝はそれぞれ調理され登場します。


鱈の白子は別名「菊子」とも呼ばれますが、新鮮な物はサッと湯を通してポン酢で食べると実に旨いもの。


本日のメインは伊勢で獲れたホンモノの伊勢海老。

どこかの観光ホテルと違いとても大きな伊勢海老です。

身がギッシリ詰まっており可食部分タップリ、脚の根本までバリバリと頂きます。
▼続きを読む
| 英ちゃん冨久鮓で味わう究極の会 |
| 11:55 PM | comments (2) | trackback (x) |
コメント一覧
Georges |2010/11/29 04:58 PM |
debussy |2010/11/28 10:19 PM |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2010年11月27日
All Rights Reserved./Skin:oct