ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

大阪イタリアン・スペッロ@南船場
南船場のオシャレな焼肉店「遊山」をご存知の方ならすぐお分かり頂ける場所、遊山の角を北へ(車は南行きの一方通行なので入れませんが)すぐ右側にあるのがこのお店です。

ですけど初めての方はかなり分かり辛いかも。

長堀通りから北側、堺筋と松屋町筋の間なのですが、タクシーなら長堀と堺筋の交差点を北へ右手に堺筋倶楽部の信号機を東に入り、突き当たり手前の南行き一方通行を南へ、南高校グランドの左側と申し上げたらお分かり頂けるはず。

でもお店に派手な看板もありませんし少し暗いので店の前までたどり着いても通り過ごしてしまうかも知れません。

夜のコースは3種類だったでしょうか、お任せということなのでコース料理は避け、2人でア・ラ・カルトの前菜3品にパスタ、メインと注文したのですが「多すぎ」と忠告されたので前菜を一つ減らして貰いました。

前菜の1品目は「鳥取産ずわい蟹と蟹味噌、帆立のムース、サフランのジュレ寄せ」。

このボリュームで何とハーフ・ポーションなのです。

大きめのグラスに山盛り入っているので余程の健啖家でない限り一人前を平らげることは出来ないかも。

帆立のムースは塩辛くはなくとてもクリーミーで蟹肉とミソもタップリ。

サフラン風味のジュレも丁度良い塩梅。

ロワールの泡、シャトー・ラングロワのロゼ・ブリュットと合わせましたがなかなかのもの。

このクレマン・ド・ロワール、ラック・コーポレーションの輸入でロワールの辛口ロゼ泡としては非常に辛口に仕上がっていて色も綺麗。

出来ればもう少し冷たさが欲しかったと思います。


次は「剣先烏賊の軽いグリルとアルティショーのピューレ」。

サッと炙った烏賊と生の水茄子に焼いたオクラなど野菜もタップリ。

もちろんこれでハーフサイズですから凄いボリュームであります。

お供に出てくるジャガイモパンもとても美味しい。

▼続きを読む
| 食べ歩き::お気に入りの店 |
| 11:55 PM | comments (2) | trackback (x) |
コメント一覧
Georges |2010/10/17 05:22 PM |
higemaster |2010/10/17 04:36 PM |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2010年10月16日
All Rights Reserved./Skin:oct