ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

エミリア・ロマーニャ州の新しいDOCオルトルーゴ
今年の夏DOCコッリ・ピアチェンティーニから独立したDOCですが、グットゥルニオの他にもう一つありました。

こちらをご覧下さい。

2010年7月21日公布なので同じ日にこれら2つが独自のDOCを取得した訳です。

ではこの葡萄品種名をDOCの名称にしたオルトルーゴとはどのような品種なのでしょうか。

ネットで調べるとエミリア・ロマーニャ州の土着品種で別称は Altrugo 、Trebbiano Romagnolo 、Barbesino 、Vernesino Bianco 。

イタリア語のサイトですがこちらに詳しく書いてあります。

フランス語のサイトでこちらに載っているのがこの品種。

葡萄品種については最近の遺伝学的研究法により、オリジンが何であるかは次第に明らかになることでしょう。

美食の宝庫といわれるイタリアはエミリア・ロマーニャ州ですが私の推薦する赤泡が2008年ヴィンテージでランブルスコ史上初のトレ・ビッキエーリを獲得するなどワインについては辛口嗜好に推移しているようです。

このオルトルーゴも極めて辛口のワインが多いとのことですのでやはり時代の流れなのでしょう。

| ワイン雑感 |
| 11:57 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2010年10月09日
All Rights Reserved./Skin:oct