ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

鮨 生粋@摂津本山
白木のカウンターになって早3回目の訪問です。鮨のお好きな整形外科医のS先生、ヨーロッパ食べ歩きのW女史と河内のヤンキーさんというウルサ型が揃って「つまみとにぎり」のフルコースを頂きます。

まずは「あこう」、擂り立ての山葵をタップリ付けて塩で食べると至高の旨さです。
続いていつもの鰹のスモークですが同じような写真ですので割愛します。


そしてここでは初登場の殻付き生海胆は岩手県宮古の馬糞海胆。ちょっと小振りですがとても綺麗なオレンジ色で甘さ抜群。


鱧の炙りは振り柚子で。

さらにとても大きな蒸し鮑、クリーミーな岩牡蠣、鮎の焼き締め、岩海蘊の酢の物、天然鰻の白焼きは山葵で、穴子肝の旨煮は粉山椒を振ってあり、いつもの蓴菜と生海苔でつまみは終了。

つぎはにぎりです。
▼続きを読む
| 食べ歩き::お気に入りの店 |
| 11:55 PM | comments (4) | trackback (x) |
コメント一覧
Georges |2010/08/01 12:40 PM |
河内のヤンキー |2010/08/01 11:34 AM |
Georges |2010/07/31 05:10 PM |
higemaster |2010/07/31 04:26 PM |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2010年07月30日
All Rights Reserved./Skin:oct