ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

ボルドーのアペラシオン、右岸の河口周辺
ボルドーのアペラシオンですが、全体をカバーするもの、広域をカバーするものとしていろいろ取り上げて参りましたが、コート・ド・ボルドーで先日取り上げたジロンド河・ドルドーニュ川右岸についてまとめてみたいと思います。

先ずはジロンド河口近くの右岸からデノミナシオン・コート・ド・ボルドー・ブライに関連するものとして AOC Blaye から始めましょう。

法令の改正でAOC ブライの白ワイン(旧アペラシオン・ブライの白ワインはユニ・ブラン主体)は廃止となりました。

以前こちらで説明しましたがブライとコート・ド・ブライの範囲は全く同じであり、含まれるコミューンは41あります。その内「Pugnac」だけは特殊な存在で一部はブライ、コート・ド・ブライ、また一部はコート・ド・ブールに含まれるという変わり種のコミューン。

で、新たなアペラシオン・ブライは赤ワインに限定されており、白ワインは旧アペラシオン・プルミエール・コート・ド・ブライの現デノミナシオン・コート・ド・ボルドー・ブライとして存在し続けています。

元々白ワインだけのアペラシオン、コート・ド・ブライは葡萄品種構成が変わってしまいました。これは旧アペラシオン・ブライと同じく旧アペラシオン・コート・ド・ブライをミックスした内容となっています。

では新アペラシオン・コート・ド・ブライとはどんなワインなのでしょうか。

こちらが法律全文です。

葡萄品種に関する記述をコピーさせて頂くと

V. ― Encépagement
   1° Les vins sont issus des cépages suivants :
   ― cépages principaux : colombard B et ugni blanc B ;
   ― cépages accessoires : muscadelle B, sauvignon B, sauvignon gris G et sémillon B.

2° Règles de proportion à l'exploitation : La proportion des cépages colombard B et ugni blanc B doit être comprise entre 60 % et 90 % de l'encépagement.

La conformité de l'encépagement est appréciée sur la totalité des parcelles de l'exploitation produisant le vin de l'appellation d'origine contrôlée.

以前はブライの白はユニ・ブランが主体、一方コート・ド・ブライはコロンバールが主体だったのですが、新法ではその両者がどちらも主体となってしまいました。こんなことをしたらそれこそ個性が失われるのではないか!

| ワイン雑感 |
| 11:38 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2010年07月23日
All Rights Reserved./Skin:oct