ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

補足その3
e) Pour la dénomination géographique " Francs ", l'aire de proximité immédiate, définie par dérogation pour la vinification, l'élaboration et l'élevage des vins, est constituée par le territoire des communes suivantes :

Département de la Gironde

Belvès-de-Castillon, Castillon, Gardegan-et-Tourtirac, Lussac, Montagne, Puisseguin, Saint-Emilion, Saint-Etienne-de-Lisse, Saint-Genès-de-Castillon, Saint-Laurent-des-Combes, Saint-Magne-de-Castillon, Saint-Philippe-d'Aiguille, Sainte-Colombe, Les Salles-de-Castillon et Vignonet.

忘れていました、デノミナシオン・コート・ド・ボルドー・フランから見た「場違い醸造・熟成」コミューンは次の通り。

ベルヴェス・ド・カスティヨンカスティヨン・ラ・バタイユのはず)、サン・ジュネ・ド・カスティヨンサン・マーニュ・ド・カスティヨンラ・サル・ド・カスティヨンはその名前からお分かりの通りデノミナシオン・コート・ド・ボルドー・カスティヨンに属するコミューンです。またカスティヨンの字句はありませんがガルドガン・エ・トゥルティラックサン・フィリップ・デギーユサント・コロンブもカスティヨンに属するコミューン。

カスティヨン側とフラン側に共通するコミューン(モンターニュ、ピュイスガン、サンテミリオン、サン・テチエンヌ・ド・リス、サン・ローラン・デ・コンブ、ヴィニョネ)は昨日述べた通りですので省くと他にコミューンはありません。

Département de la Dordogne

Minzac, Saint Méard-de-Gurçon, Saint-Michel-de-Montaigne et Villefranche-de-Lonchat.

また昨日述べた通り県外についてのコミューンも全く同じであります。

従ってフラン側から見た「場違い醸造・熟成可能な」コミューンはお隣の旧コート・ド・カスティヨン地区とサンテミリオン、サンテミリオン・グラン・クリュに指定された地域に限られます。

これは普通良くあることかも知れませんけど・・・。


| ワイン雑感 |
| 11:49 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2010年07月18日
All Rights Reserved./Skin:oct