ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

ボルドーのアペラシオンその6
ボルドーのアペラシオンについて述べて参りましたがいつの間にかアントル・ドゥー・メールが加わってきましたね。

それではオー・ブノージュと名の付くデノミナシオン、ボルドー・オー・ブノージュアントル・ドゥー・メール・オー・ブノージュはどこがどのように違うのでしょうか?

まずこの2つの範囲は全く同じ9つのコミューンですがボルドー・オー・ブノージュの葡萄品種構成は下記のように決められています。

Les vins susceptibles de bénéficier de la dénomination géographique « Haut-Benauge » sont issus exclusivement des cépages suivants :
Sémillon B, Sauvignon B, Sauvignon gris G, Muscadelle B.

これは地域的に決められている訳ですから白ワインを造る場合アントル・ドゥー・メール・オー・ブノージュでも同じ品種だけしか使われないはずです。本来のアントル・ドゥー・メールの葡萄品種構成は

Cépages principaux :
dans la proportion de 70 % : Sémillon, Sauvignon, Muscadelle.
Cépages accessoires : dans la proportion maximum de 30 % : Merlot blanc ; dans la proportion maximum de 10 % : Colombard, Mauzac, Ugni blanc.

ですがこのオー・ブノージュ地域については、この規定は適用されないはずです。

次にINAOのサイトではボルドー・オー・ブノージュは「辛口」と「甘口」の2つに分けていて、アントル・ドゥー・メール・オー・ブノージュは通例「辛口」としています。

ところが地元オー・ブノージュ組合のサイトを見ると

Bordeaux Haut-Benauge (Vin Blanc Moelleux)

Entre Deux Mers Haut-Benauge (Vin Blanc Sec)

とハッキリ区別しています。ボルドー・オー・ブノージュは甘口の白ワインアントル・ドゥー・メール・オー・ブノージュは辛口の白ワインと解釈した方が現実的であります。

もちろんこの地域では他に赤ワインやクレレそしてクレマン・ド・ボルドーも造っています。

またこのサイトから分かりやすい地図がありました。こちらをご覧下さい。

| ワイン雑感 |
| 05:24 PM | comments (0) | trackback (x) |

ボルドーのアペラシオンその5
ボルドーはボルドーとボルドー・オー・ブノージュに分けられていますが、後者の場所は何処なのでしょうか。

コミューン・ドット・コムからボルドー・オー・ブノージュに指定された9つのコミューンの内「Arbis」アルビの位置を確認するとこちらになります。

他の Cantois , Escoussans , Gornac , Ladaux , Mourens , Saint-Pierre-de-Bat , Soulignac , Targon も周辺に存在するのはお分かりでしょうか。

ここで忘れてはならないのは、これら9つのコミューンは大前提としてAOCボルドー、AOCボルドー・シュペリュールの範囲であるということです。

INAOのサイトでコミューン名「Cantois」を入力して、アペラシオンそしてデノミナシオンを調べてみましょう。先ずアペラシオンは何が該当するかと云えば

IGP --Agneau de Pauillac
AOC - AOP --Bordeaux
AOC - AOP --Bordeaux supérieur

IGP --Bœuf de Bazas
IGP --Canard à foie gras du Sud-Ouest
AOC - AOP --Crémant de Bordeaux
AOC - AOP --Entre-deux-Mers

IGP --Jambon de Bayonne

ワイン関連ではボルドー、ボルドー・シュペリュール、クレマン・ド・ボルドー、そしてアントル・ドゥー・メールと出てきます。

次に同じく「Cantois」と入力してデノミナシオンを検索すると

IGP --Agneau de Pauillac
AOC - AOP --Bordeaux
AOC - AOP --Bordeaux Haut-Benauge
AOC - AOP --Bordeaux supérieur

IGP --Bœuf de Bazas
IGP --Canard à foie gras du Sud-Ouest
AOC - AOP --Crémant de Bordeaux
AOC - AOP --Entre-deux-Mers
AOC - AOP --Entre-deux-Mers Haut-Benauge

IGP --Jambon de Bayonne

と答えが出てきます。ワイン関連ではボルドー、ボルドー・オー・ブノージュ、ボルドー・シュペリュール、クレマン・ド・ボルドー、アントル・ドゥー・メール、アントル・ドゥー・メール・オー・ブノージュと増えますね。

アペラシオンとその細分化された呼称であるデノミナシオン、同じではないことをご理解頂けるはずです。

| ワイン雑感 |
| 12:46 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2010年07月07日
All Rights Reserved./Skin:oct