ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

ボルドーワインの基礎知識
ボルドーワインについて述べようと思えばまずAOCボルドーの範囲を示さねばなりません。INAOのサイトから地図を拝借したいと思います。

こちらの地図をご覧下さい。黒線太字が県境ですが、ご覧頂ければお分かりの通りジロンド県だけに地域が限定されているのが特徴です。

では隣接する他の県とは何処でしょうか。

先程の地図のブライエからリブルヌの北側に隣接するのはシャラント・マリティム県であり、リブルヌの東側に広がるベルジュラックを含むのがドルドーニュ県、そしてランゴンの南東に隣接するのがロット・エ・ガロンヌ県です。

大きくはこちらの地図をご覧頂ければお分かり頂けるはずです。

ボルドー北隣のシャラント・マリティム県では葡萄栽培が盛んです。コニャックの産地として有名ですし、ピノー・デ・シャラントという甘口ワインの産地でもあります。

ドルドーニュ県はベルジュラックに代表されるボルドーとほとんど同じ種類のワインの生産地であり、この県の住民達はボルドーワインの産地拡大を強く望んでいるのです。ですが県が違うため行政的になかなか話が進まないのが現状ではないでしょうか。

またロット・エ・ガロンヌ県もボルドーとほぼ同じ種類のワインを生産しておりこちらもボルドーの範囲拡大に賛成のはずであります。

実際のところベルジュラックには並のボルドーより高品質ながら価格の安いワインが沢山あり、ロット・エ・ガロンヌ県のたとえばコート・デュ・マルマンデにも安くて高品質のワインがあります。そんなワインは「ボルドー」として売られることになればもっと高い値段が付くことは容易に想像出来ます。

世界から見れば「ボルドー」という名前は凄く値打ちがあるものなのです。
| ワイン雑感 |
| 11:50 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2010年07月04日
All Rights Reserved./Skin:oct