ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

AOC Blaye についてその2
ヨーロッパのワイン法に詳しいサイトからリブルヌの頁を開き右のメニューからブライを選択するとこちらが現れます。

2009年12月29日付けとなっていますが、いつの間にかACブライの白ワインはなくなった模様です。

以前の法律ではACコート・ド・ブライはコロンバール主体で、一方ACブライの白ワインはユニ・ブランが主体であると申し上げましたが、新しい法律ではこのアペラシオン・ブライは赤のスティルワインに限定されています。

INAOのサイトを見ても同じ日付でこちらに出ていますのでアペラシオン・ブライは赤ワインだけであることに間違いありません。

葡萄品種に関する規定は次の通り

V. ― Encépagement

1° Encépagement :
Les vins sont issus des cépages suivants :
― cépages principaux : cabernet-sauvignon N, cabernet franc N et merlot N ;
― cépages accessoires : carmenère N, cot N (ou malbec) et petit verdot N.
2° Règles de proportion à l'exploitation :
La proportion des cépages principaux est supérieure ou égale à 50 % de l'encépagement.
La proportion de l'ensemble des cépages carmenère N et petit verdot N est inférieure ou égale à 15 % de l'encépagement.
La proportion du cépage carmenère N est inférieure ou égale à 10 % de l'encépagement.
La conformité de l'encépagement est appréciée sur la totalité des parcelles de l'exploitation produisant le vin de l'appellation d'origine contrôlée.

主要品種はカベソー、カベルネ・フラン、メルロー。補助品種はカルムネール、コット(マルベック)、プティ・ヴェルド。主要品種、補助品種の割合について細かく規定されています。

しかしボルドーワイン委員会はこの法律改正があったことには一切触れておらず、葡萄品種についてはカルムネールが許可されているにも拘わらず「メルロ、カベルネ・ソーヴィニヨン、カベルネ・フラン、マルベックのアッサンブラージュで、プティ・ヴェルドを加えることもあります」と実に曖昧な表現であります。

また「プルミエール・コート・ド・ブライのワインは、A.O.C.ブライの生産基準を遵守している場合、A.O.C.ブライを名乗ることができます」と意味不明の文言を並べ立てています。

大前提として「ブライ」と「ブライ・コート・ド・ボルドー」は別のアペラシオンとしている訳ですから、それを全く無視する内容であることに驚きであります。

▼続きを読む
| ワイン雑感 |
| 11:41 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2010年06月25日
All Rights Reserved./Skin:oct