ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Champagne Delamotte Brut NV
宮川町さかで最初に開けたボトルです。

カーヴ・ド・ジュールでかなり長期間保管された物でしょうか、泡立ちが少ないのが残念。

ワインの保存ですが、あまり低い温度だとコルクが乾いて収縮し結論として気泡が弱くなることが多いです。

と云って15℃のセラーから7℃まで冷やそうと思ったらかなりの時間を要します。

無難にモエのスタンダードを開けた方が良かったのかも知れません。

昔のお話ですが、このシャンパーニュを飲んで麻雀すると裏ドラが良く乗りました。

「もっと、もっと、ドラもっと」その頃の口癖です^^

確かローランペリエのディディエ・デュポン氏が取り仕切っていた頃のお話です。

▼続きを読む
| ワイン日記::フランスワイン |
| 11:57 PM | comments (4) | trackback (x) |
コメント一覧
Georges |2010/06/22 06:05 PM |
Blairfindy1号2号 |2010/06/22 01:23 AM |
Georges |2010/06/21 05:47 PM |
higemaster |2010/06/21 04:20 PM |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2010年06月20日
All Rights Reserved./Skin:oct