ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

第301回クードポール・ワインを楽しむ会
26年目のワイン会、長続きするにはそれなりの理由があります。それはお料理が美味しい、もちろんワインも旨い、その2つが揃わないと途絶えてしまったはずであります。

ワイン会の皆さんの他にどなたもお客さんがおられなかったのでピアノを一曲、スクリャービン作曲のポエム作品32-1。お昼のアルコールが抜けきらずビミョーな演奏になってしまいましたけど・・・^^。アルコールを飲んでも演奏出来る人がうらやましい限りでございます。


さてまずはアミューズ3連発、トップは「空豆のムース」。クーリ・ド・トマトとの色の対比が面白い! 口に含むと空豆の香りが一杯広がります。


つぎは「岩手産牛肉のカルパッチョ ロックフォール風味」、個人的には少し疑問。無難にパルミジャーノとバルサミコの方が良いと思いますけど・・・。

さらに「トコブシとしらさ海老 ピクルス添え」と続きましたが写真を失念。

以上3品は全てアミューズ・グールであります。これからが前菜の始まりとなります。
▼続きを読む
| クードポールワインを楽しむ会 |
| 11:50 PM | comments (1) | trackback (x) |
コメント一覧
higemaster |2010/06/05 05:16 PM |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2010年06月03日
All Rights Reserved./Skin:oct