ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Bourgogne Pinot Noir 2008 Domaine Chevillon-Chezeaux
ドメーヌ・シュヴィヨン・シェゾーのブルゴーニュ・ルージュ、マンガや評価本では殆ど取り上げられない生産者であります。

この生産者について申し上げると、造られるワインの殆どはうまくアペラシオンを表現しており、葡萄の育成またワイン造りが真っ当であると断言致します。

ただただ濃いワインが市場を席巻している現状の中では特異な存在なのかも知れませんが、特級畑ならともかく本来ピノ・ノワールでそんな濃いワインは出来ないはずであります。

食べるものすべてが濃い味になりつつあるのは非常に嘆かわしいことであり、ワインもその傾向にあるのは大変危険な状況であると申し上げたい。

例えばパンや苺に加糖のコンデンスミルクを付けて食べたり、カルピスの原液を付けて食べるなどしていたら味覚は絶対狂ってきます。肉や魚を焼いて食べるとき醤油やソースを大量に掛けるのも味覚音痴のもとではないでしょうか。

素材本来の味より調味料の味が前面に出てしまう調理法も問題であります。

さてワインの話しに戻ります。

いつも私が申し上げていることですがACブルゴーニュは余りにも範囲が広すぎるのでACブルゴーニュ・コート・ドールの呼称をINAOに採用して頂きたい。

と云っても所詮は無理でしょうから、買う側の立場でブルゴーニュ・コート・ドールに適合するワインを推奨したいと考えます。

その筆頭に挙げたいのがこのシュヴィヨン・シェゾーのブルゴーニュ・ピノ・ノワール。

こちらをご覧下さい。

地図上にあるこの畑、販売店なら「近々特級に昇格されるレ・サン・ジョルジュのなんと目と鼻の先にあるこの2つの畑」と形容するに違いありません。

隣はACニュイ・サン・ジョルジュですがこれらの2つはそれに含まれない単なるACブルゴーニュなのです。

見にくければサイトの下にあるこちらをご覧下さい。

拡大して貰うと名称など読むことが可能だと思いますが2つの内南側にあるのが「Petit Chaliot」、これはACニュイ・サン・ジョルジュの「Les Chaliots」のすぐ東側に隣接した畑であり、もう一方北側にあるのが「Les Maladières」で、こちらは同じくニュイ・サン・ジョルジュの「Les Brûlées」と(同じ名称のリュー・ディですが)「Les Maladières」の東に隣接する畑であります。

▼続きを読む
| ワイン日記::フランスワイン |
| 11:50 PM | comments (2) | trackback (x) |
コメント一覧
Georges |2010/06/01 12:43 AM |
debussy |2010/05/31 11:46 PM |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2010年05月30日
All Rights Reserved./Skin:oct