ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Talento DOC Trento Metodo Classico Riserva Brut 2004 Cantina Rotari
一昨々日に引き続きイタリアはアルト・アディジェの泡だけのDOCであるトレント、ヴィンテージが付いたリゼルヴァを飲んでみたいと思います。ヴィンテージは2004年でデゴルジュマンは2009年と裏ラベルに明記されています。

冒頭の「タレント」ですが商品名だと思っていたのですがどうやら異なるみたいです。

Talento とは・・・ 輸入元の説明文がありましたのでコピーさせて頂くと

簡単に言えば、「イタリアの原産地統制呼称DOC(またはDOCG)」で、かつ瓶内二次醗酵で製造された発泡性ワインを「タレント」と呼ぼうという、いくつかのイタリア生産者が集まって活動しているものです。

指定地域内で収穫された、栽培指定ブドウ品種(シャルドネ、ピノ・ビアンコ、ピノ・ネーロ)のみで製造され、瓶内熟成期間は最低15カ月という、厳しい商品のみが「タレント」と呼ぶことができ、現在はトレンティーノを始めアルト・アディジェ、ロンバルディア、ヴェネト、フリウリ、ピエモンテといった生産者の一部が活動を始めています。

近年、多種多様化するスプマンテの中で、高品質の瓶内二次醗酵ワインを明確に判別するために「タレント」は誕生しました。ロータリは、「タレント」の知名度を向上させるために大きく貢献し、牽引的役割を果たしているワイナリーです。


イタリアの発泡酒は普通「スプマンテ」と呼ばれるのですが、それに対して瓶内2次醗酵の高級品を「タレント」と改名しようとしているわけですね。

▼続きを読む
| ワイン日記::イタリアワイン |
| 11:50 PM | comments (2) | trackback (x) |
コメント一覧
Georges |2010/06/02 10:35 PM |
uzumaki |2010/06/02 08:30 PM |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2010年05月29日
All Rights Reserved./Skin:oct