ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Champagne André Clouet Cuvée Grande Réserve Brut NV
レストランに持ち込みさせて頂いたワインです。ワインをレストランに持ち込むのは不謹慎という見方もありますが、事前にお願いすると快く受け入れてくれるお店もあります。

当然の事ながら当日の持ち込みなどは御法度、1週間前には到着するように前もって送るのが礼儀でしょう。

このシャンパーニュのために素敵なバカラのフルート・グラスを用意して頂いたお店のご厚意に感謝致します。

アンドレ・クルエのこのシャンパーニュについては拙ブログのこちらでご紹介しました。

生産者のサイトは見付からないので日本で独占販売権を有するらしいこちらのサイトを見るのですがワインの説明などは未だ整備されていません。生産者自身のサイトがないときは輸入元がフォローする必要があると思うのですが如何でしょうか。

さてネットで探していると販売店のサイトですがかなり詳しくこの生産者について書いてあります。こちらをご覧下さい。

この中で面白いお話はこちら、コピーさせて頂くと

アンドレ・クルエはピノ・ノワール100%格付けの 「ブージー村」「アンボネイ村」に畑を所有します。勿論エチケットにグラン・クリュ表記が可能です。しかしアンドレ・クルエのエチケットにグラン・クリュの表記はありません。

 かつてアンドレ・クルエはボランジェから『エチケットのデザインが似ているから変えろ』
という言いがかりを付けられました。その言いがかりに対し『少なくとも1911年からこのデザインだった』というアンドレ・クルエ側からの回答に対しボランジェ側が

『だったらデザインは一切変えずにそのままにしろ』という不条理な要求を 突きつけられました。若き日の当主ジャン・フランソワがこの要求にOKを出してしまった為今でもエチケットのデザインを一切変えられず、今後もGurand Cur (Grand Cru の間違い)の表記を入れていないという経緯があります。


如何でしょうか?
| ワイン日記::フランスワイン |
| 11:50 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2010年05月14日
All Rights Reserved./Skin:oct