ワインとピアノのある部屋

八戸ノ里南を西へ入った自転車店のつぶやき

Château Cap de Faugères 1999 AC Côtes de Castillon
シャトー・カップ・ド・フォジェール、前オーナーであったギゼ・ファミリーのアマンディン、セリーズそしてコリンヌ・ギゼの名前がシャトー元詰めの下に見られます。

現在のオーナーはシルヴィオ・デンツというスイスの人で2005年4月からこのシャトーを運営することになったと云うことが生産者のサイトにあります。日本語版も大変充実しており分かり易いのが有り難い。

シャトーの場所はサント・コロンブというアペラシオンで云うコート・ド・カスティヨン現在ではカスティヨン・コート・ド・ボルドーにあります。

ここで大変重要なのは、畑がサンテミリオンとコート・ド・カスティヨンの両方にまたがっていると云うこと。

その畑の構成がこちら、サンテミリオンとカスティヨンの境界線も描かれているので一目瞭然です。

地図をご覧になるとお分かりの通り、境界の左(西)側で採れる葡萄で造るのがシャトー・フォジェールACサンテミリオン・グラン・クリュ、セカンドのオー・フォジェール、そしてフラッグシップ・ワインのペビで東側のがこのカップ・ド・フォジェールになるという訳です。

生産者のサイト、メニューからスタッフを選びコンサルタントを開くと有名人お二人が登場しますね。

さてこのワインの詳細ページを拝見すると手摘み、2台の選果台を使って葡萄を厳選とありますので期待出来そうです。

▼続きを読む
| ワイン日記::フランスワイン |
| 11:41 PM | comments (2) | trackback (x) |
コメント一覧
Georges |2010/05/12 04:47 PM |
higemaster |2010/05/12 03:55 PM |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインとピアノのある部屋::2010年05月11日
All Rights Reserved./Skin:oct