ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Champagne Diebolt-Vallois Blanc de Blancs Brut NV
この生産者の名前を日本語表記すると「ディボー・ヴァロワ」となるはずです。「ディエボル」にはならないはずですけどね。

生産者の拠点はコート・デ・ブランのクラマン、このスタンダードのブリュット・ブラン・ド・ブランはこちらに書いてある通り、コミューンの名前で申し上げるとキュイ(ッス)、シュイィ、エペルネそしてクラマンに限り若い葡萄樹から採れたもので造られているとあります。

最近の評価は高いですね、下半分にその評価が載っています。

まあ他人の評価は色々ですので鵜呑みにすることは出来ません。

私は評価雑誌というモノ、全くアテにならないと思います。

他人の評価ですが1980年代にパーカー・ジュニアが現れてからはそれまでの☆の数評価に替わって100点満点による数値表現になりました。ワインスペクテイターもこの点数評価を採用しています。

いつも思うのですが、同じ評論家が採点したワイン、例えばスペインのワインの100点獲得モノとペトリュスの同じく100点のワインと同じ味なのでしょうか? 味を点数評価するとこの矛盾にすぐ気付くはずなのですけどね。

| ワイン日記::フランスワイン |
| 11:50 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2010年05月08日
All Rights Reserved./Skin:oct