ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Champagne Bollinger 続き
さてこのスペシャル・キュヴェの中身についてですが生産者のサイトからこちらにその詳細について書かれてあります。

ですがちょっと把握しにくいかも知れません。

ですからボランジェ社のイタリア語のサイトからこちらをご覧下さい。

原料葡萄の総量の80%はグラン・クリュもしくはプルミエ・クリュで採れたものとのこと。

その割合については60%がピノ・ノワールで、その内最大を占めるのはグラン・クリュのアイが35%、他にトジエールTauxières(サイトにあるTauxeriesは間違いです)、ヴェルズネイVerzenay、ルヴォワLouvoisなど30のコミューンで栽培されたもの。

25%がシャルドネで主にコート・デ・ブランのメニル・シュル・オジェMesni sur Oger、オジェOger、キュイスCuis、グローヴGrauvesなど、15%がピノ・ムニエとのことです。

おやっ? と思ったのは昔と葡萄比率が異なっていることです。

1980年代まではスペシャル・キュヴェと云えば1/3のシャルドネに2/3がピノ・ノワールでピノ・ムニエはブレンドされていませんでしたが、最近は変更になったのですね。

それらの葡萄は年によって違いますが、小樽もしくはステンレスのタンクで醗酵され、5~10% の割合のリザーヴ・ワインとアサンブラージュされ第2次醗酵に移ります。最低3年間澱との同居の後デゴルジュマン、さらに3ヶ月寝かせてから出荷されるとあります。

| ワイン日記::フランスワイン |
| 11:43 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2010年04月30日
All Rights Reserved./Skin:oct