ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Château Haut-Nouchet 1989 La Grande Réserve AC Pessac-Léognan Louis Lurton
このワインは今年の2月にこちらでご紹介しました。

その時は大変状態が良かったのですが、続いて到着した同じワインに全く状態が異なるものがあったので再びのチャレンジとなったのです。

今回の分は輸入元が在庫から厳選して頂いたはずですので間違いないはず。

ワインの説明については2月のブログをご覧下さい。

ボルドーの辛口白ワインですが、このアペラシオン・ペサック・レオニャンは至って長持ちするのでその特殊性からグラーヴから独立したのかも知れません。

さて、今回のはどんな状態でしょうか、早速開けてみましょう。

コルクは当然の事ながらショボくなっているはずです。

▼続きを読む
| ワイン日記::フランスワイン |
| 11:50 PM | comments (1) | trackback (x) |
コメント一覧
higemaster |2010/04/30 04:44 PM |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2010年04月27日
All Rights Reserved./Skin:oct