ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Marsannay 2008 Rosé Domaine Philippe Charlopin-Parizot
マルサネ・ロゼ、昔は単独でアペラシオンを名乗ったこともあったはずですが今はアペラシオン・マルサネ。即ちワイン名称は「マルサネ・ロゼ」ですがそのアペラシオンは何かと聞かれたら単なる「マルサネ」であります。

そのアペラシオン・マルサネの範囲はというと大変広く、マルサネ・ラ・コートのコミューン以外に南隣のクシェ(Couchey)、北隣のシュノーヴ(Chenôve)と3つのコミューンに跨っています。

もっともシュノーヴの面積は僅かですが、クシェではかなりの部分がアペラシオンの範囲であります。

次に意外と知られていないのはその範囲がマルサネの赤白に指定されている畑とマルサネ・ロゼの畑と分けられていると云うことです。

バーガンディ・リポートのサイトからこちらをご覧下さい。いつの時点の地図かは分かりません。「Chenôve」のはずが「Chénove」になっていますがそれはさておいて、肝心なことは大半を占めるのはマルサネ・ロゼの畑であるということ。

ところがルイ・ジャドーのこちらの地図をご覧下さい。2001年のものと思われますがこちらではその大半がロゼではなく、マルサネの赤・白用の畑となっています。

先日取り上げたマルサネ・ルージュの「Les Échezots」ですがこれを「Les Echézeaux」と同一のものと解釈すれば後者の地図が正しいものと思われます。

片方が間違いなのか、あるいは時と共に範囲が変わったのか、ご存知の方が居られたらご教示頂きたいと思います。

▼続きを読む
| ワイン日記::フランスワイン |
| 11:50 PM | comments (1) | trackback (x) |
コメント一覧
Blairfindy1号2号 |2010/04/27 01:59 PM |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2010年04月26日
All Rights Reserved./Skin:oct