ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Paradox Blanc Fumé de Pouilly 2003 Didier Daguneau
世間一般的に有名と認められるワインにはあまり手を出しませんが、このワインは先日「鮨 原正」さんにご一緒したドクターが持ち込まれた物。店内がそんなに明るくはなかったのでリースリングのシュペートレーゼかアルザスのワインとばかり思っていたのですけど・・・・

デジカメの写真を見ていて、その時飲んだワインは何とディディエ・ダグノーのプイィ・フュメだったとは・・・・

まさに「Paradox」でありました。

有名なワインは生産者を取り巻くブローカーやネゴシアンにより買い占められ生産者の思惑以上の高値で取引されてしまいます。
一旦高くなったワインは元の良心的な価格に戻ることは普通考えられません。

ディディエ・ダグノーは残念ながらお亡くなりになりましたが、最近のシンデレラ・ワインと云えば例のチュヌヴァン氏のヴァランドローがその代表であったと思います。

シャトー・ド・ヴァランドローがこの世に広まったのは確か1995年頃だったと思いますが、それまで7~8,000円で買うことが出来たこのワインがネゴシアンの手に掛かるといきなり30万円とかの値段になってしまったのです。

ですがいつも申し上げるようにお高いワインが登場すると(価値あるかどうかはさておき)飲んでみたいと名乗りを上げる人は世界中何処にでも出現する訳です。生産者としてはこの上もなく有り難いので拒否するはずありませんよね。


| ワイン日記::フランスワイン |
| 11:50 PM | comments (2) | trackback (x) |
コメント一覧
Georges |2010/04/13 04:37 PM |
higemaster |2010/04/12 05:09 PM |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2010年04月10日
All Rights Reserved./Skin:oct