ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Château Haut-Mirambet 2008 AC Bordeaux
シャトー・オー・ミランベ、アペラシオン・ボルドーの2008年赤ワインです。

生産者の場所は大変小さい字で表記されている「Sauveterre de Guyenne」、昨日のコート・ド・カスティヨンから南へソーテルヌに向かい、ちょうど真ん中当たりのアントル・ドゥー・メールにあるコミューンです。

この地から南東にちょっと行けばコート・デュ・マルマンデとアペラシオンが変わってしまいますね、ボルドーで云うと南の端っこに近いところであります。

瓶詰めしているところはカリニャン・ド・ボルドー、こちらはボルドーの街からほど近いコミューンです。

ネゴシアンはジネステ社、こちらが発売元なのでしょうね。ジネステ社については何度か取り上げたはずです。

エチケットにはコンクール銀賞のマークまで刷込んであります。ですがいつも申し上げる通りお金さえ支払えば何らかのメダルが貰えるシステムですので、こんなことにお金を掛けるよりワイン造りにお金を掛けることが重要であります。

ところが一般的には金賞・銀賞受賞のワインが売れるという現実があります。低価格のワイン、名の知れぬワインには必須条件なのでしょうか?

輸出だけではなく、フランス国内で売られるワインにもこの肩書きが重要と云うことなのでしょう、フランスのあちらこちらで頻繁にコンクールが開催されています。

| ワイン日記::フランスワイン |
| 11:50 PM | comments (3) | trackback (x) |
コメント一覧
Blairfindy1号2号 |2010/04/01 10:34 PM |
Georges |2010/04/01 05:51 PM |
Blairfindy1号2号 |2010/04/01 05:30 PM |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2010年03月31日
All Rights Reserved./Skin:oct