ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Château Roque le Mayne 2006 AC Côtes de Castillon
シャトー・ロック・ル・メイン、2005年ヴィンテージは以前こちらでご紹介しました。2006年ヴィンテージというと偉大といわれた2005年の次の年なので世間の評価はあまり高くないようですが、ワインというもの他人の評価を気にせず取り敢えず飲んでみなければ分かりません。

前回エチケットにURLが明記されていたにも拘わらずネットは見られない環境であることをお伝えしましたが、今回もまた同様であります。

裏ラベルには英語で細かい説明があるのである程度は理解出来るのですが、ラベルに記載があるのに生産者のサイトが存在しないというのは困りますね。

生産者は Vignoble Meynard S.C.E.A. 住所は 10, Avenue de la Bourrée 33350 Saint-Magne-de-Castillon Jean-François Meynard という人物が経営者のはずです。

ですがこの名前のシャトーはグーグルアースを使っても見付かりませんね。

ネットで調べるとこちらが見付かりました。文中に同じ生産物として Ch. La Bourrée を見掛けますので2つのシャトーは同一と見ることも可能ではないでしょうか。

シャトー・ブーレ(シャトー・ボレとは云わないはず)の別ラベル、または同シャトーのキュヴェ・プレスティージュと私は解釈します。

▼続きを読む
| ワイン日記::フランスワイン |
| 11:31 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2010年03月26日
All Rights Reserved./Skin:oct