ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Clos St. Julien 1982 AC Saint-Émilion Grand Cru
クロ・サン・ジュリアン、サンテミリオンのグラン・クリュでヴィンテージは何と1982年。あの点数付け評論家がこの年のペトリュスに満点を付け注目されたヴィンテージであります。

2月11日のワイン大学第300回にお出しするワインですが、いろいろと迷っていたボルドーの赤ワインとして最終的に決定したのがこのワイン。

場所はサンテミリオンの街中からサン・ジョルジュ、モンターニュ・サンテミリオンへ向かうと小さなロータリーがあるのですが、その左手が著名なクロ・フールテ、このクロ・サン・ジュリアンはその対面右手向こうに位置します。

ラベルの下には「J.J. Nouvel」とありますが、これは引退したジャン・ジャック・ヌーヴェル氏であり、現在は娘のカトリーヌが受け継いでいます。

当主カトリーヌ・パポン・ヌーヴェル女史は醸造学者として有名で、畑は1.2ヘクタールと大変小さく、年産7、8樽(2,000~2,500本程度)しか生産されないワインです。

「クロ」と名が付く通り畑は石垣で囲まれており1982年当時はガロ・ローマン時代の女神の彫像によって守られていました。ところが1986年にその彫像は盗難にあったとのことです。

従って1982年はガロ・ローマン時代の女神によって守られながら生産された最後のビンテージの一つであります。
▼続きを読む
| ワイン日記 |
| 11:50 PM | comments (2) | trackback (x) |
コメント一覧
Georges |2010/01/31 06:04 PM |
higemaster |2010/01/31 05:13 PM |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2010年01月30日
All Rights Reserved./Skin:oct