ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Hermitage Chante-Alouette 1990 M.Chapoutier
エルミタージュ・ブランの1990年シャンタルウェット、生産者はM.シャプティエです。

単純な疑問はこの点字ラベルです。シャプティエ社が点字をラベルに盛り込んだのは1995年ヴィンテージのはずですから1990年には点字のラベルがなかったはずであります。

さて、エルミタージュに関するINAOのサイトをご覧下さい。面積は136ヘクタールと明記されていますが含まれるコミューンは3つあると書いてありますね。即ちDrôme (26)県の : Crozes-Hermitage , Larnage , Tain-l'Hermitage です。

コミューンの下のCartes をご覧下さい、Aire géographique をクリックするとこちらの地図が現れます。

INAOは何を血迷ったのか、これがアペラシオン・エルミタージュの位置を示す地図だと云うのでしょうか?

これは単に3つのコミューンの範囲を示すものであり、エルミタージュの丘である136ヘクタールの部分の地図ではありません。

先日指摘したモンラッシェも同じであり、地図を載せるなら正確なる畑の地図を載せるべきであると考えますが如何でしょうか。

ならば畑の地図はあるのか?

ネット上で見つけたのはこちら、ジャン・ルイ・シャーヴの所有するエルミタージュの畑の説明の下にアペラシオン・エルミタージュの地図があります。

さてINAOのサイトで現在AOCエルミタージュの原文は見られないのでこちらをご覧下さい。

INAOのサイトで3つあるコミューンですが原文を見るとコミューンは2つしか書いてませんね、ラルナージュはいつからその範囲になったのでしょうか?

エルミタージュ詳細という地図のコピーらしきモノをネット上で見付けました。こちらをご覧下さい(一番下にエルミタージュ詳細図があります)。

コミューンの境界線かどうか分かりませんが、一番東の部分はひょっとしてラルナージュのコミューンに属するのかも知れません。

昔からシャプティエを扱っている日本リカーのサイトを見てみましょう。

ご覧の通りローヌ川沿いに聳える大きな丘が紛れもないエルミタージュの丘であります。画面上方にあるメニューから「ワイン一覧」をクリックするとシャプティエのエルミタージュは4種類載ってますね(他にもあるのですけど)。

で、この白ワインはその上から2番目になり、こちらに詳しい説明があります。それによると区画は「Le Méal」にあるとのこと、INAOでは2種類葡萄品種は許可されていますがシャプティエ社ではマルサンヌ100%であることなどが分かります。畑の面積はどのくらいあるのでしょうか? 

本家シャプティエのサイトを見ると・・・ 直売もしているようで商売熱心なのは分かりますが。

ダメですね、日本リカーのサイトの方がまだ分かりやすいかも知れません。

で、日本リカー先程の4種類エルミタージュ、3番目と4番目の名称は「Mure de Larnage」になっているので恐らくそれらがラルナージュのコミューンに畑があるのではないかと推測致します。

▼続きを読む
| ワイン日記::フランスワイン |
| 11:59 PM | comments (2) | trackback (x) |
コメント一覧
Georges |2010/01/06 05:37 PM |
higemaster |2010/01/06 05:28 PM |

恐るべきお節^^

2段、3段のお重が流行だそうですがここのお節はご覧の通り平屋構造。ですが内容が実に充実しています。

まずは右上から(かなり見えにくいですけど)蛸柔らか煮、田作り、胡桃飴焚き、生麩蒲焼き金紙包み、鯛蒲鉾仕立てに梅長芋、梅人参の飾り。

その下には煮物で筍土佐煮、南瓜、慈姑、丸蒟蒻、椎茸の旨煮にスナップ豌豆。

右下が豪華です。丸ごと1個の蒸し鮑、鱚龍皮巻き、鯛生鮨、蕪菊花切り甘酢、蛇腹胡瓜などの酢の物主体。黒豆の寒天が所々に置かれます。

下左半分には鯖の棒寿司、ガリに塩昆布、公魚の南蛮漬け。

棒寿司の左上には鱲子、鴨ロース、花蓮根、花茗荷甘酢、サーモン味噌漬け、鰆味噌漬けなど。

左上コーナーには紋甲烏賊黄身焼き、真魚鰹幽庵焼き、白甘鯛幽庵焼き、和牛ロース肉醤油焼き金紙包み、堀川牛蒡付け焼き、モロッコ隠元と主に焼き物が。

その隣は数の子、子持ち鮎有馬煮、ちしゃとう切り違い、鮴甘露煮銀紙包み。

中央には車海老酒煮、厚焼き卵、鮟鱇肝旨煮銀紙包み、栗渋皮煮そして銀杏おかき揚げと品数も半端ではありません。

で、お味は驚きの旨さであり量もタップリ。


| こだわり食材 |
| 11:50 PM | comments (2) | trackback (x) |
コメント一覧
Georges |2010/01/06 05:35 PM |
higemaster |2010/01/06 05:24 PM |

DO Manchuela について補足です。
先日ご紹介したマンチュエラですが、ヨーロッパのワイン法に詳しいサイトの左のメニューから(イタリア、フランスそしてスペインと続きます)マドリッドのすぐ上「Castilla La Mancia」をクリックするとこちらのページが開きます。

で、今度はその右のメニュー上から4番目をご覧下さい。ありましたね「Manchuela」が。クリックするとスペイン語ですが法律の全文がご覧頂けます。

スペイン語ですが日本語版と照らし合わせるとかなりよくご理解頂けると思います。
| ワイン日記::スペインワイン |
| 01:28 AM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2010年01月02日
All Rights Reserved./Skin:oct