ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

クードポールさんの洋風お節料理
明けましておめでとうございます。本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

さて毎年恒例の天満橋のフレンチ・クードポール田中さんのお節です。

右上から時計回りにご説明しますとフランス鴨のコンフィと続いても同じで白インゲン豆とソーセージのカッスーレ。

右下のお肉が蝦夷鹿のロースト、下にはレンティーユの煮込みが添えられています。

真ん中の下が田舎風パテにマスタード。

左下とその上がローストビーフ、レフォールとクレソンが添えられています。

左上がもち豚バラ肉のボイル。

真ん中の上が但馬鶏の柚子胡椒風味焼きと書いてあるのですがガランティーヌで焼いてはいないと思うのですけどね。

中央が鴨のフォワグラのテリーヌ、林檎とレーズンの付け合わせが下に敷いてあるのですが、欲を云わせて貰うとフォワグラがもう少し欲しいところでしょうか。

▼続きを読む
| ワイン日記 |
| 12:11 AM | comments (1) | trackback (x) |
コメント一覧
higemaster |2010/01/02 04:28 PM |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2010年01月01日
All Rights Reserved./Skin:oct