ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Bourgogne Rouge 2006 Domaine Michel Gros
先ずはいつもの測定結果 85.0kg です。足踏み状態が続くかも知れませんが、無理に減量すると必ずリバウンドしますのでボチボチやって参りたいと思います。

さて、ワインは2006年ヴィンテージのACブルゴーニュ・ルージュ生産者はヴォーヌ・ロマネの有名人ミッシェル・グロです。以前飲んだとき、2005年とは違い随分と早く飲めそうな感じでしたので、また開けてみることにしました。

ワインは農産物であり葡萄は果物であります。我が国に於いても梅が豊作の年もあれば不作で価格だけが高いときもしばしばあったはず。桃も同じく毎年甘い桃がたわわに実ることなど無いはずですね。

ワイン造りは近年果汁濃縮法により、悪い年でも誤魔化すことが可能になったと云われておりますが、良年と同じく熟成に耐えるかどうかはまだ結論が出ていないのではないでしょうか?

ところで最近あちらこちらで見掛けるベルジュラックのネット宣伝、もうご覧になったでしょうか?

これはフランス政府公認ワイン生産地の宣伝のはずです。

で、そのベルジュラック地方のAOCワインの説明文を読んでオヤッと思いました。ペシャルマンに関する記述ですがコピーしますと「ベルジュラック地方の北東部にあるペシャルマン村周辺が産地」。

疑問点は「ペシャルマン村」という記載であります。

なるほどベルジュラックの地図を見ると「Pécharmant」という場所がベルジュラックにあることはあるのですが・・・、これは「村」とは云えないはずであります。

AOC・ペシャルマンの地図はこちらから、コミューンはDordogne (24)県の : Bergerac , Creysse , Lembras , Saint-Sauveur であり、Pécharmant というコミューンは含まれません

次にコミューンドット・コムのトップページから「Pécharmant」と入力して検索しても結果は出ません。

こちらの地図 をご覧になると確かに「ペシャルマン」という地名は確認出来ますが、それは独立したコミューンではなく「ペシャルマン村」という表現は如何なものかと思いますが如何でしょうか?
▼続きを読む
| ワイン日記::フランスワイン |
| 11:34 PM | comments (2) | trackback (x) |
コメント一覧
Georges |2009/09/29 07:10 PM |
bruckner |2009/09/29 06:18 PM |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2009年09月28日
All Rights Reserved./Skin:oct