ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

9月の京都某所
東京や名古屋からわざわざお越し頂いた方々を含め9人で旨いもんを食する集まりです。雑誌の掲載お断りのお店ですがブログなどには結構取り上げられているようです。なんと云っても拘りは天然の旨いもの、日本各地から飛び切りの素材を集められておられます。

先ずは新作「くるみ餅風の前菜」、朝取りの無花果の上には大羽鰯とそのアイスクリームが載っています。見た目が堺名物のくるみ餅の餡に似ていますが味わいは全く異なります。

つぎはいつもの胡麻和え。この中身ですが菊の花弁、鹿尾菜、天然のシメジ、パイナップルなどいろいろ。

これは何と塩辛です。生海胆、あおり烏賊が中にいっぱい入っています。

そして本日のメインの1つ鱧は日本海壱岐対馬沖の物。骨切りしたてを皮目だけ炭火で炙ってありますが、皮の柔らかいことこの上なし。身は脂が程良く乗っており山葵と梅肉で頂きます。9月になれば名残の鱧と云われますが、それは昔のお話であり現状は物の本に書いてあるのとは大違いであります。また海流が変わったり、巨大な橋の建造などにより美味しい鱧の産地は変わってしまいました。いつまでも沼島の鱧が旨いと信じている人がやたら多いみたいですけど。
▼続きを読む
| 食べ歩き::お気に入りの店 |
| 11:55 PM | comments (4) | trackback (x) |
コメント一覧
Georges |2009/09/13 05:04 PM |
higemaster |2009/09/13 04:27 PM |
Georges |2009/09/13 01:33 PM |
higemaster |2009/09/12 04:27 PM |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2009年09月10日
All Rights Reserved./Skin:oct