ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

St.Magdalena Gewürztraminer 2008 D.O.C.Alto Adige Cantina Bolzano
カンティーナ・ボルツァーノという協同組合が造るアルト・アディジェDOCワインの1つで葡萄品種はゲヴュルツトラミネール。

ラベルを見るとクラゲ(?)のシンボルマークがダブルで印字されています。1つは金色で真ん中に、もう一つは何だかアシンメトリックに描かれてますね。他のワインとはボトル形状(アルザスと同型のボトル)も異なるので新しいシリーズなのでしょうか。

カンティーナ・ボルツァーノのゲヴュルツトラミネールと云えば何度か拙ブログでご紹介した「クレインステイン・Kleinstein 」だけと思っておりましたが、生産者のサイトを見るとワインは6つのカテゴリーに分けられこのワインは「ヴィンヤード・レンジ・サンタマッダレーナ」に属する中の1つであることが分かります。

以前ご紹介した通りこのアルト・アディジェには数え切れない種類のワインを生産することが可能な訳で、この生産者の場合サイトを見るだけでも34種類のワインを造っていることが分かります。サイトにはない物やヴィンテージ違いなどを含めると膨大な種類になるのでしょうね。

▼続きを読む
| ワイン日記::イタリアワイン |
| 11:50 PM | comments (2) | trackback (x) |
コメント一覧
Georges |2009/09/09 05:52 PM |
higemaster |2009/09/09 04:55 PM |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2009年09月08日
All Rights Reserved./Skin:oct