ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Champagne Beaumont des Crayères Fleur de Prestige Brut 2000
先日ご紹介したボーモン・デ・クレイエールのシャンパーニュは所謂旧ラベルのものであり、輸入元の説明と私が聞いた話とは相違点があったので調べてみると、間もなく新ラベルのものがリリースされるとのことです。

そこで新ラベルのシャンパーニュをゲット、早速ご紹介したいと思います。

ご覧の通り拙ブログ8月23日のものとはラベルが全く異なります。

写真には写っておりませんがキャップシールなども全く違うデザインですので旧製品と間違うことはないと思います。

さてここで生産者ボーモン・デ・クレイエール社の最近の情報をお伝えしたいと思います。輸入元の説明は次の通りです。

ボーモン・デ・クレイエールのシャンパーニュを特徴づけるのは“キュヴェの神髄”と呼ぶべき「クール・ド・キュヴェ」(ハートのキュヴェ)の存在。特別な設備と手間がかかるために、今ではほとんど誰も使わなくなったこの幻の搾汁は一般に“キュヴェ”と呼ばれる第一搾汁の、わずか半分しか得られません。ボーモン・デ・クレイエールでは驚くべきことに全てのラインナップにクール・ド・キュヴェが使われています。

より芳醇なアロマと甘み、そしてクリーンな酸を持つこの貴重なキュヴェは、ボーモン シャンパーニュのもう一つの特徴である長期熟成を支えます。表現力に溢れ、フレッシュさとフィネスを併せ持つ、ボーモン・デ・クレイエール社のフェミニンなスタイルは、この類い稀な“ハートのキュヴェ”を使った贅沢な造りからもたらされます。


また最高醸造責任者オリヴィエ・ピアッツァ氏についてこう書かれています。確かに2007年から味に変化が認められ、私は頻繁に飲むようになったのもこの2007年以降のことであります。

オリヴィエ・ピアッツァ氏は農業工学を修めたのち、もともとワイン愛好家でもあったことから、ブドウ栽培と醸造の専門家としての道に進みました。シャトー・マルゴーでの修行を経て、初めて“テロワール”の概念に出会い、土壌の表現力に魅せられたピアッツァ氏は、キャリアの全てをこの魅力の解明に捧げることになります。

◆1989年 シャンパーニュ ランソン社の最高醸造責任者のアシスタントに就任。複雑性に富むシャンパーニュの土壌を見出す
◆1992年 シャルル・ド・カザノヴ社の最高醸造責任者に就任
◆2007年 ボーモン・デ・クレイエール社の経営に参加。最高醸造責任者として、高級感と信頼性を備えたブランドの発展にも貢献中。

▼続きを読む
| ワイン日記::フランスワイン |
| 11:44 PM | comments (2) | trackback (x) |
コメント一覧
Georges |2009/08/30 03:17 PM |
higemaster |2009/08/27 04:27 PM |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2009年08月26日
All Rights Reserved./Skin:oct