ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Franciacorta Saten 2004 Brut Azienda Agricola Ferghettina
ラベルの「フェルゲッティーナ」は生産者の会社の名前、正式にはアジエンダ・アグリコーラ・フェルゲッティーナ。つぎの「フランチャコルタ」はご存知の通りDOCGで定められたフランチャコルタのワインであること。「SATEN」はこのワインの固有名で葡萄収穫年は単一の2004年です。生産者のお名前はロベルト・ガッティ、ガッツのありそうな名前ですね^^!

それではフランチャコルタDOCGは何州のどの辺りで造られるかご存知でしょうか?

いつも申し上げる通りワインを学ぶと云うことは所謂地理を学ぶのと同じであり、名称だけ覚えても何の理解にもなりません。

こちらをご覧下さい。北イタリアはロンバルディア州のブレシアとベルガモの間に位置する生産地であります。ちなみにブレシアの南をご覧下さい、有名なヴァイオリンの産地であるクレモナがありますね。スイスとの国境には有名なコモ湖もあり冷涼な気候であることが想像出来ます。

それでは冷涼な気候を好む葡萄品種といえば代表的なのはピノであります。フランスではピノ・ノワール、イタリアではピノ・ネッロそしてピノ・ビアンコ、昔はピノの突然変異であると普通に考えられていたシャルドネなどが育つ環境にあることはご理解頂けるはずです。

先ほどご案内したイタリアワインのサイトを見るとDOCGフランチャコルタは強発泡性の白とロゼに白のクレマン・スプマンテがあり、それぞれNVとヴィンテージものがあり、瓶内第2次醗酵(NVは25ヶ月、ヴィンテージものは37ヶ月)で造られていることが分かります。
| ワイン日記::イタリアワイン |
| 11:51 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2009年08月21日
All Rights Reserved./Skin:oct