ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Côtes du Jura En Billat 2006 Domaine Julien Labet
「ジュラ」と聞いただけで「ああ、あのシェリーみたいなヤツ」と想像してしまうのでしょうね。鼻から見向きもしない方が多いのですが、それはそれで私は構わないと思います。

まずコート・デュ・ジュラに関する記載が極めて少ないはずですので、この生産者について輸入元の説明をコピーします。ですが輸入元、何を血迷ったのかクロ・ヴージョにあるシャトー・ド・ラ・トゥールを公式ホームページとしてリンクしてあります。(訂正せず原文そのままコピーしますがご了承下さい)

【 所在地 】 Rotalier
【 Official Site 】 http://www.pierrelabet.com/ 

フランスのワイン名産地の格付けやアペラシオンは誰でも言えるだろう。でもジュラやサヴォワのような、他の地区と比べてマイナーとされている地区のワインを知る人はどれだけいるだろう。

仮に知っていたとしても、ジュラのワインとは、シャトー・シャロンやヴァン・ジョーヌのような、特殊な酸化ワインと誤解していないだろうか。

ジュラはブルゴーニュの隣にありながらも粘土質土壌より、石灰質土壌が多いということは、ミネラリな白ワインの産地として素晴らしいものができないはずは無いのである。近年、ブルゴーニュ生産者がジュラの土地を手に入れるのにはそういう理由だろう。

しかしアラン・ラベは違った。彼はワイン事業に専念することを決意した1974年、そのロワールを生かすべく、スティルワインに眼を向けたのである。既に彼の畑には19世紀後半に植えられたシャルドネがたくさんあったので、本格的にきちんと区画整理をし、テロワールにやさしい農法を取り入れ、パーセルごとに醸造をし始めたラン・ラベは、ジュラの地においてまさに「変人」扱いされたという。

農薬の全盛期に逆行する形をとり、限りなく有機に近い方法で畑を改善し(蔵はビオの認証取得には興味なし)、しかも皆が造る特殊ワインより、スティルワインに情熱を注いだわけだから当然かもしれない。現在ではどうだろう、皆がシャルドネを植樹し、スティルワインを必死で造っている。

現在アランの子供達は3人ともドメーヌで働いている。長男であるジュリアンが完全に100%手がけるワインもいくつかリリースしたており、ドメーヌでは20種類も異なったワインを造っている。彼の蔵でのティスティングはとても楽しい。アランはとても気難しい男性だが、彼から聞くジュラの土壌やセパージュの話、彼のワイン哲学など、いつも興味深く、飽きない。ジュラというテロワールのワインに、プロのティスターがどんどん引き込まれていくのが分かる気がする。


お分かりでしょうか、アラン・ラベはジュラに於いて普通のスティル・ワインを造り続けてきた訳です。

で、そのアラン・ラベの長男、ジュリアンの畑「En Billat(アン・ビヤ)」は標高350メートルの丘にあるということです。
▼続きを読む
| ワイン日記::フランスワイン |
| 11:53 PM | comments (2) | trackback (x) |
コメント一覧
Georges |2009/08/14 05:54 PM |
higemaster |2009/08/10 04:50 PM |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2009年08月07日
All Rights Reserved./Skin:oct