ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Bourgogne Pinot Noir 2007 Domaine Chevillon-Chezeaux
ドメーヌ・シュヴィヨン・シェゾーのブルゴーニュ・ピノ・ノワール、ヴィンテージは2007年であります。この生産者の2006年ヴィンテージは拙ブログのこちらでご紹介しました。
また2007年の5月には同じくこのワインの2001年ヴィンテージについて書いております。

このブログをご覧頂いている方々にだけコッソリ申し上げますが、有名な生産者のACブルゴーニュと比べたら半値程度のお安い価格です。

今現在人気と云われるブルゴーニュ・ルージュの殆どは

①色が濃い
②味が濃厚で残糖分が多い
③新樽をバンバン使ったタルタルスタイル

ではないでしょうか? 即ち、全て点数付け評論家の好みに合わせている訳ですね。

ですから逆に私は買わない訳であります。

先日も申し上げましたがヴィンテージが表現されないワインがあまりにも多すぎると私は感じています。

元はと云えば(諸説ありますが)偽造ワインの生産設備に使用されていた低温減圧濃縮機、こんな物を使い始めてからますますこの傾向が強くなったと考えます。

さてどんなワインに仕上がっているのでしょうか?
▼続きを読む
| ワイン日記::フランスワイン |
| 11:50 PM | comments (2) | trackback (x) |
コメント一覧
Georges |2009/08/03 04:59 PM |
higemaster |2009/08/03 04:09 PM |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2009年08月02日
All Rights Reserved./Skin:oct