ワインとピアノのある部屋

八戸ノ里南を西へ入った自転車店のつぶやき

ワイン大学第293回ル・ベナトン@夙川

お花が似合うレストランです。テーブルクロスもセッティングされたカトラリーも普通とはかなり違うレストランでありオシャレです。ボーヌにある同名のレストランで4年修行されただけに本格派という言葉がお似合いであります。

大人のための大人のレストラン、お店のサービスも要点は押さえられていますが極めて控えめ。押しつけがましい料理の説明などありません。

こんなレストランですがボリュームは半端ではありません。一皿のボリュームはフランス本国並みと申し上げても良いでしょう。

ワインセラーには凡そ400本の主にブルゴーニュワインがその出番を待っていますので一度お出かけ頂いたら如何でしょうか?

先ずはアミューズ・グール「トマトのムース、ローズマリー風味」から幕開けです。

このムースは極めて軽く、しかもトマトの爽やかな酸味はしっかりしているのです。後のお料理が大体想像出来ますね^^!

▼続きを読む
| ワイン大学 |
| 11:55 PM | comments (2) | trackback (x) |
コメント一覧
Georges |2009/08/01 05:21 PM |
higemaster |2009/08/01 04:55 PM |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインとピアノのある部屋::2009年07月30日
All Rights Reserved./Skin:oct