ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Marsannay 2007 Domaine Henri Richard
ブルゴーニュはジュヴ・シャンに本拠を構えるアンリ・リシャールの赤ワインです。

アペラシオンはマルサネ、昔はロゼとして有名だったのですが今は赤・白そしてロゼの3種類が存在します。

しかし法律上はがアペラシオン「MARSANNAY」、ロゼは独立したアペラシオン「MARSANNAY ROSÉ」となっており注意が必要です。

これは元々このマルサネという地域はロゼでその名を馳せ、ブルゴーニュ・ロゼ・マルサネから発展したからであり、法律上AOCとしてこれらがアペラシオン・マルサネ、アペラシオン・マルサネ・ロゼとして認められたのは最近のこと(1987年5月19日)であります。

今でこそ、このアペラシオンの名称は広まったものの、昔からワインに親しんでいる人の多くは、マルサネにロゼ以外のワインがあるとは知らないままかも知れません。

ところでこのワイン、流行の(と云うかひとつのカテゴリーとなった)有機栽培葡萄を原料に造られたものでエチケット右上にABマークが印字されています。

最初に輸入されたときはこんな表示はなかったはずなのですが・・・。
▼続きを読む
| ワイン日記::フランスワイン |
| 11:50 PM | comments (2) | trackback (x) |
コメント一覧
Georges |2009/07/31 06:04 PM |
higemaster |2009/07/30 05:43 PM |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2009年07月27日
All Rights Reserved./Skin:oct