ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Crémant de Limoux Les Graimenous Brut 2006 Tête de Cuvée Domaine J.Laurens
クレマン・ド・リムー・レ・グレムヌー、テート・ド・キュヴェと発音すると思うのですが輸入元は「グレムノス」と表記しています。ところ変われば、発音は変わるもので別にどちらでも良いかも知れませんが私には違和感があります。

また輸入元は「テート・ド・キュヴェ」について「一番搾りの果汁」と解釈しているようですが、「キュヴェ」そのものが一番搾りの果汁のことで、「Tête」とはその最初の果汁を示す言葉ではないかと私は考えます。

また「キュヴェ」というワイン用語は別の意味もあり、葡萄品種別に醸造したワインをブレンドして第2次醗酵させるベースのワインを造ることを「キュヴェを仕込む」と云います。

「キュヴェ」の意味を知らないと輸入元の説明は全く理解できないものとなるでしょうね。

こちらをご覧下さい。



▼続きを読む
| ワイン日記::フランスワイン |
| 11:50 PM | comments (2) | trackback (x) |
コメント一覧
Georges |2009/07/10 05:53 PM |
higemaster |2009/07/10 05:07 PM |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2009年07月08日
All Rights Reserved./Skin:oct