ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

これは新しいアペラシオンの誕生か? Côtes de Bourg (赤ワイン)
まずはこちらをご覧下さい。

地図をご覧頂くとコート・ド・ブールの範囲について何だかハッキリしない部分があるように見えませんか?

INAOのHPからこちらをご覧になると含まれるコミューンもすべて記載されているので分かり易いと思われるはずです。

先日のサント・フォワ・ボルドーの説明で赤も白も1つのアペラシオンという説明をしましたが、INAOではこのコート・ド・ブールに関してコート・ド・ブール赤ワインとコート・ド・ブール白ワインと赤白別のアペラシオンの規定を設けています。

まずはコート・ド・ブール赤ワインに関する規定はこちらをご覧下さい。
次に白ワインはこちらです。

ですからINAOではサント・フォワ・ボルドーのアペラシオンの規定は1つ(原本も1つ)、コート・ド・ブールに関してはアペラシオンが赤・白別という認識を持っているので2つのアペラシオン原本が存在することになります。

まあこれは認識の違いであり別に間違いとかの問題ではないのですけどね。

ですけど次にご紹介するのは、ボルドーワイン委員会の説明文に明らかな造語が登場してしまうのです。
▼続きを読む
| ワイン雑感 |
| 12:51 PM | comments (3) | trackback (x) |
コメント一覧
higemaster |2009/06/29 05:32 PM |
Georges |2009/06/27 05:35 PM |
higemaster |2009/06/22 05:09 PM |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2009年06月21日
All Rights Reserved./Skin:oct