ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

リストランテ・キメラ2周年パーティー
京都祇園にオープンして2年目というリストランテ・キメラのアニバーサリー、共同経営者のこの人 は今や時の人であります。ですがマスコミの報道ではコンクールで優勝したピアニストの「先生」、ご本人は現役のピアニストであることを強調されておられました。

先ずは前菜の一皿目、水茄子の低温調理、蛸のマリネとミルフィーユ仕立て、茗荷の利いたソース・ヴィネグレット、ボッタルガ・パウダーの天盛り。
最初に酢の物を食べると胃が刺激されて食欲が進みます。

次はインカの目覚めのスープ、オマール海老のポッシェ、キャヴィア・オシェートラの天盛り。オマールはもう少し火を通して頂きたかったと。またスープはキリッと冷やして欲しかったのですが・・・。

ここで本日のメイン、ロースト・ビーフがプレゼンされます。

そして鮑とジロール茸のリゾット、クレソンを添えて。クレソンの下には大きな鮑の切り身がゴロゴロ入っていてビックリ! ジロールの鮮度も素晴らしく色はきれいし香りも抜群、本日のピカ1かも。

さらに鮎のコンフィを仕上げに焼いて、コリアンダー風味のキタッラと共に頂きます。大きな鮎ですが3時間コンフィされているので頭から骨まで全て頂けます。個人的にはこのお料理が一番気に入りました。

で、メインの登場です。付け合わせはまことに太いズッキーニ。
▼続きを読む
| 食べ歩き::お気に入りの店 |
| 11:41 PM | comments (2) | trackback (x) |
コメント一覧
Georges |2009/06/16 07:05 PM |
higemaster |2009/06/16 04:17 PM |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2009年06月14日
All Rights Reserved./Skin:oct